建築雑感 

アクセスカウンタ

zoom RSS 住宅新聞から

<<   作成日時 : 2006/05/02 17:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ある住宅新聞で石油ファンヒーターの害が書かれていた。
オープンシステムで建てられた新築住宅は、
全てアイシネン断熱と外断熱を採用しているので、
断熱性と気密性が確保される。
施主には、石油ファンヒーターの使用は空気がよこれるので
控えてくださいと話しているが、マンションはコンクリート造で
気密性は木造住宅より一般にはよい。
マンションでは空気汚染を特に気にする必要があるようだ。
炭酸ガス(CO2)は、居室の目安は1000ppmだが、
記事によると使用していない場合は500ppmが寝室で
2人で3000ppmに、なるという。
ところがファンヒーター20分作動時で5000ppmに
はねあがるという。多くの方が石油ファンヒーターを
使用されているでしょうが、換気扇を回す等注意してください。
我が家もコンクリート造なので、今年初めて思い切って
ファンヒーターをやめ電気空調のみですごしました。
電気代はかかりましたが、この記事からすると体には
よかったようです。
ファンヒーターはCO2の他に水を出すので、
今年は北側の結露はなくなりなした。
結露はカビ等の原因でもありますので、断熱性のほかに、
暖房の取り方の工夫も大切と思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
住宅新聞から 建築雑感 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる